修繕積立金の決定

マンションというのは区分所有者の共有財産であり、管理費や修繕積立金の決定、どこの管理会社に委託するかは管理組合総会で決定するということを、ぜひ知っておいてください。マンションを購入するとき、業者を信用して登記簿までは確かめないというケースが、わりと多いのです。マンションを販売するような業者は比較的、大きな会社なので、なにもそごまでしなくてもとおもうのかもしれません。しかし、面倒でも必ず登記簿をみるようにしてください。登記簿というのは大きな情報源だからです。登記簿は、その物件の登記を管理している登記所にありますが、だれでも自由に閲覧できます。行政上の市町村と、その登記所の管轄する区域とが一致していないこともあります。ですから閲覧するときは、事前に電話で、その物件の登記簿があるかどうかを確かめてからにしたほうがいいでしょう。登記所では閲覧申請書に必要事項を記入して捺印し、印紙を貼って窓口に提出します。そのさいに登記簿の地番と住居表示とがちがうことがよくありますから、業者にきくなどして住居表示だけでなく、登記簿の地番もしらべておいてください。またマンションの専有部分の室番号も確認しておいてください。建物全体、専有部分、敷地全体が、現地でチェックしたのと一致するかどうか、また登記所の公図や地積測量図とちがっていないかをしらべてください。つぎに甲区ですが、そこでは所有権の変動が一覧できるようになっています。甲区では、最終的な所有者が自分と取引しようとしている売主の名前になっているか否かを確かめてください。もし一致していないばあいや、所有権移転登記という文字以外に「買戻特約」とか「予告」とか「差押え」といった文字が記載されていたら要注意です。司法書士などの専門家のアドバイスを受けるようにしてください。相続したけれども、まだその登記をしていないというケースもありますが、せっかく買ったのに所有権を取得できなかったり、また所有権のない人が所有者をかたっている可能性もあるからです。三つ目の乙区には、所有権以外の権利関係がのっています。中古のばあい、乙区に抵当権が設定されていることがあります。その物件を担保に住宅ローンを借りているので抵当権が設定されているわけですが、すでに抵当権が設定されていると、新規のローンが利用できないケースもあります。もし新規のローンを利用するときには、買主の支払う代金で抵当権を抹消することにして、売買契約書に「代金支払いと同時に抵当権を抹消する」とつけくわえておけばいいでしょう。その一行があると抹消できなかったときは、契約を白紙にもどすことができるからです。